アズモの対戦日記

ゲーム(主にポケモン)の記事を書いていきます。

ハースストーン アリーナ 3月30周を終えて

今月のアリーナが30周終わったので成績が良い順に紹介していき、思ったことなども書いていく。

成績は…現在先月より少し落ちてるとだけ言っておく…

ちなみにこれからもアリーナについて記事を書きそうなのでトップページは変えた。

 

 

1.ローグ

相変わらず最強だった。

こいつが何回取れるかで30回の平均は大きく変わると思う。

30回中6回取ることができたが、計算したところ38パーセント(計算ミスあったら申し訳ない)で取れるので運負け主張していく。

 

2.メイジ

なんでこいつがこの順位なのか自分でも全く分かってない。

8、9勝が安定して出せた。

どこが強いのか真面目に考えても分からないので少し上振れしたと考えておく。

取れた回数は最多の8回。

 

ここまで平均8勝ライン

 

なし

 

ここまで平均7勝ライン

 

3.ハンター

やっぱり強い。

強いのだが少し安定感がないかなという感じ。(まあローグ以外大体そんなもんだが)

 

4.シャーマン

割と強い。

ボーナスのついているガジェッツァンのカードを調べると9枚中6枚は強いのでそりゃ強いわって感じ。

また、ダメージスペルを多く所持しており、なおかつドゥームハンマーなどもあるのでバーストがとても強い。

使用感としては小回りがききにくいが爆発力のあるローグという感じ。

 

 

ここまで6勝ライン

 

 

5.ウォーロック

なんでこいつがこの順位なのか分からない第二弾。

なぜ勝てないのか以下に考察したが、長いので今月もウォーロックで勝ててるという人は考察を読む価値はないと思う。(そういう人は逆にどうやって勝ってるのか教えて下さい。お願いします。)

考察

1.始末屋の出現率低下

思ったよりも影響が大きい。

始末屋以外のAOEは悪魔の憤怒、地獄の炎、影の炎、フェルファイアポーションの4つ。

影の炎以外は味方のミニオンにもダメージが入るので、ボードを空にしたところでそこから巻き返すのが難しい。

影の炎は状況さえ合えば全滅させた上にボードにミニオンを残せるが、状況をかなり選ぶ上に影の炎単体では何も出来ないのが割ときつい。

つまり、始末屋のような出せば無理やりボード返せるようなカード(こいつがおかしいだけだが)が無くなり、全滅させて少しボードにミニオンを足すぐらいしか出来なくなった。

そうなると次のターン相手が普通にミニオンを出した時に確実にボードで負けてしまう。

ウォーロックは五分五分だと顔を狙われていつか壊れる運命なので、完全にボードを有利にしなければならない。

しかし、AOEだけでは不十分なので、ここから更にブラストクリスタルポーションなどでテンポを取らなければならない。

正直きつい。

 

2.コモン以外の出現率増加

今月からコモン以外の出現率が上がり、ケアの難しいレジェンドやエピックの出現率が上がった。

出現率が上がったとはいえ相手が引かなければ問題ない。

しかし、ウォーロックの勝利プランとして前回で説明した通りにトレードを続けてバリュー勝ちするのが基本となる。

ということは長期戦をする気満々である。

つまり、長期戦を続けると相手にケアの難しいレジェンドやエピックを引かれる確率が上がり、本来勝ちなのにケアの不可能なカードに負ける確率が上がる。

 

とりあえず考えた理由はこの2つ。

全然勝てないので既にこのヒーローの信用を失いつつある。

 

6.パラディン

1回だけとって1-3した。

もう取りたくない。

 

7.プリースト

とってない。

 

8.ウォーリア

9.ドルイド

とってない(何があっても取らないと思う)

 

 

ということで成績順に書いていったが、実際の評価が伝わり難いと思うのでローグを100点とし、点数で表す。

 

ローグ 100点

ハンター 80点

シャーマン 75点

メイジ 70点

ウォーロック 60点

プリースト 50点

パラディン 45点

ウォーリア ???

ドルイド ???

 

5点差 大差ない

10点差 気持ち違う

20点差 大分違う

 

点数に表したがほとんどとってない下位4名については順位が上がる可能性がある。

この環境もあと一ヶ月ぐらいしかないけども良かったら参考にどうぞ。

 

終わり。